IT 新着情報: itニュース ランキング
ソーテックオンラインショップ(SOTEC)

ケーズデンキオンラインショップ

2016年10月30日

itニュース ランキング



東京が「3位」に上昇した理由:世界の都市総合力ランキング2016年

世界の都市総合力ランキングとは、地球規模の都市間競争下で、魅力的でクリエイティヴな人々や企業を惹きつける“都市の磁力”こそが「都市の総合力」であるという観点に立ち、世界の主要42都市(16年に2都市追加)の総合力を「経済」「研究・開発」「文化・交流」「居住」「 (続きを読む)



就職四季報の平均年収ランキングを見たとき、メーカーがかなり高い印象を受けまし...

就職四季報の平均年収ランキングを見たとき、メーカーがかなり高い印象を受けました。 http://toyokeizai.net/articles/-/110919?page=3 各平均年収層ごとの特徴を分析していきましょう。 ―@まずは年収1000万円超の超高給企業 「超大手」の金融(銀行・保険・証券)や商社、マスコミの平均年収はべらぼうに高いです。圧倒的な高水準であり、他の追随を許しません。 これらの商社や広告、マスコミなどのリーディングカンパニーの利益率に勝る企業はそうそうに存在しません。ただし労働組合が形骸化している企業が多く、新入社員が自殺するような企業もあり、給与に見合った労働環境であるかは疑問です。 またこれらのリーディングカンパニーはほんの上位30社に限定されます。 この30社を「金融・商社の実態」と捉えるのは詭弁です。 地方銀行やTV局などの年収は全然高くないことが分かります。 メーカーではキーエンスやファナックなど特殊な例がランクインしている程度です。 ―A年収1000万円前後の高給企業 Aここに、トップメーカーが食い込んでいる。 医薬品メーカーのように一般的にも高給とされる企業がランクインしているが、目を引くのは一般に「給与水準はあまりよくない」とされる工業系メーカーの台頭です。 ちまたでは年収500万円台とされる新日鐵の総合職平均年収1001万円を筆頭に総合職年収の平均値の高さに驚かされます。 ボリュームゾーンに来るのが約500社の大手メーカー・インフラ・ITの総合職です。 年収ラボなどのウェブ上位に出てくるサイトでは全社員平均としているところが多く、現場作業員の割合が多いメーカーがべらぼうに低く出ていますね。 やはり総合職限定で記載されている四季報では最上位に食い込んでいるようです。 例:日本ガイシ 年収ラボ:736万円(全社員平均) 四季報:909万円(総合職平均) 川崎重工 年収ラボ:722万円(全社員平均) 四季報:896万円(総合職平均) などなど。。。 四季報は独自の聞き取り調査で総合職平均を企業に集計してもらうように依頼して、応じた企業を掲載いると最初のページに記載しています。大卒者にとっては総合職平均しか意味を成しませんからね。 このランキングではトヨタや日立製作所などを含めて多くの企業が総合職平均として公表されていません。しかし上述の日本ガイシや新日鐵住金の例のように、これらのクラスの企業の総合職はべらぼうに年収が高いことは自明です。ランキングを見ると、マキタや横川電機などの企業も900万円を超えています。 世間一般では700万円だとか言われている工員を含んだトヨタや日立製作所の年収は、総合職平均となるとどれだけのものになるのか、上記の例に鑑みると、想像するまでもありません。 企業はなるべく平均年収の値を抑えたいものです。 消費者や株主などのステークホルダーにとって従業員の給与は「費用」でしかなく、批判の対象です。 猿は「従業員の年収を上げるぐらいなら、商品の価格を下げろ!配当を上げろ!」ですから。 そこをうまくやるのが大手企業というもの。従業員のモチベーションも維持しなければなりません。 そこには労働組合との癒着構造があって、労働組合が公表する平均年収はいつも「全従業員平均」だとか「組合員平均(=管理職を含まない平均)」ばかりです。 大手製造業は多くのニュース(春闘やボーナス関連など)で取り上げられるように、労働組合が機能しており、労働環境が非常に良いです。それであってこの年収ですから、やはり日本で最も恵まれた環境と言って過言ではないでしょう。 春闘やボーナスのニュースっていつも「電機」「自動車」ばっかりで不思議ではありませんか?確かにこれらは日本を代表する企業ですが、メガバンクや大手商社、新聞社などは全然報じられません。何故だかわかりますか。 以下、中堅メーカーや地銀がこれに準じるゾーンにいるわけです。 つまり、給与水準は @30社の大手金融・マスコミ Aトップ300メーカー、準大手金融・マスコミ B準大手メーカー、都銀 Cその他 と分類されます。しかし、労働環境、労働対価の観点でいうと、トップ300メーカーが圧倒的に恵まれているということですね?(続きを読む)



ITニュース アクセスランキング - エキサイトニュース - Excite

ITニュース アクセスランキング. 1. これぞ伝統的MacBookの集大成――新型MacBook
Pro(Touch Barなし) 13型 ファーストルック. 10月27日(現地時間)、米Appleが新型の
MacBookProを発表した。既報の通り、今回の目玉は新たな入力インタフェースで?...(続きを読む)




posted by まったり at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177477011

この記事へのトラックバック